Tuneでヘルパーをしてます! | Tune HAKODATE

Blog

Tuneでヘルパーをしてます!

皆さんこんにちはー!
Tune Hakodateのヘルパーのリーです!台湾台中人です。
去年の8月にワーホリで日本に来ました。
今年の4月末に函館に移住してきて、もう2ヶ月が経ちました。
楽しいことをしているとあっという間だねー


Tuneでたくさんのいい経験をしたので、
今回は少し紹介したいと思います。

1.たくさんの自由時間で自分の欲しい生活ができる!
ヘルパーの仕事は二日一回で朝11時からの日常掃除です。
ゲストさんがチェックアウト後で、部屋やベッド、水回り、キッチンなどの掃除さえ終われば、仕事完了です。
普段は一人で2時間半ぐらいかかりましたが、
他のヘルパーさんと一緒にすれば、早く終われることもあります。

体力系仕事だけど、そんなに大変じゃないと思ってます。
仕事が終わってから遊びに行くのは全然大丈夫だと思いますよ。

2.世界中や地元の人々と友達になる機会がいっぱい!
この2ヶ月間は、日本や台湾、韓国、フランス、オーストラリア、ドイツ、アメリカ、アルゼンチンなど
色々な国の人と出会いました。

2階のリビングで旅人たちと話を展開していくことが一番多い。
ゆっくりと朝ご飯を食べてる時も、晩ご飯を作ってる時も、何もしないでソファーに座ってる時も、
How are you?
Where are you from?
ってよく聞かれて、交流してきました!

もう1つ魅力的な出会いがある場所は1階のミュージックバルです。
おしゃべり好きなスタッフさんにも話しかけられるし、函館地元民とも触れ合える!

地元の人たちが常連さんだから、何度も何度も会っていると、
.良い仲間になる
.おしゃれカフェやレストランをおすすめくれる
.地元の人しか知らない穴場に連れていってくれる
…とか全部できる!それは素敵じゃない?

3.函館の日常生活を体感することができる!
桜の季節に函館に来ました。
五稜郭公園へお花見にいったら、満開の桜の木の下で面白いことを見つけました。
みんなが持ってるのはお弁当やお花見団子じゃなくて、
北海道の名物・ジンギスカンです!

夏といっても6月の函館はまだまだ寒い日もあります。
昼間は暖かいのに、夜になると気温が下がりますねー
こんなに平凡なことを感じるのは一番素晴らしい!

今回は一部のヘルパーの生活を紹介させていただきました。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

本当に函館に来て、Tuneで住んでてよかった。
優しいスタッフさんと地元の人と世界各国からの旅人たち、
楽しい思い出を作ってくれてありがとうございました。

Tune Hakodate
リー