観光情報

函館で珍しい体験を”水無海浜温泉”

 

こんばんは!

函館のゲストハウスTuneHakodateのよしまです!

 

4月に入ったというのに雪が降ったりと春がなかなか来ない函館です。

今日は海の街函館だこらこそ入れる珍しい温泉をご紹介します。

 

**********************

水無海浜温泉

北海道函館市恵山岬町

泉質 ナトリウム、塩化物泉

泉温 40℃~65℃

駐車場 無料駐車場有(20台)

**********************

 

出典元:五島列島 福江島の生活

 

こちらの温泉は太平洋と一体となった干潮時のみ現れる天然温泉です。

入浴可能時間が限られており、函館市のホームページに入浴可能時間が出ているので行かれる方は要チェックです!

Tuneからは車で1時間ほど、恵山の麓にあります。

 

出典元:MAPPLE TRAVEL GUIDE

 

2004年に改修工事が行われ、階段の整備や男女別の脱衣所が設置されました。

お子様や女性も入りやすくなったかもしれませんね!

 

私自身何回も行ってるのですが、なんてったって景色が最高です!

太平洋の中に入りながら一望できますからね!

 

また、温泉の中には茹で上がって赤くなったカニなどもいて自然を感じます。笑

 

夏はバーベキューもできるので一年通して楽しめる、珍しい観光スポットの紹介でした!

お車でお越しの方はぜひ訪れてみては???

 

TuneHakodate

よしま

 

 

函館に来たならやっぱりここ”ラッキーピエロ”

こんばんは!

函館のゲストハウスTuneHakodateのよしまです‼

ラッキーピエロTシャツを着て寝る。学校の目の前にあるラッキーピエロに毎日行く。そんなよしまです!

函館といえばラッキーピエロ!函館観光をお考えの方でここを知らない方はいないのではないか、今回はそれほど函館では有名なハンバーガーショップラッキーピエロのご紹介です!

 

まずは店舗紹介です!

めっちゃいっぱい‼ご予定されている旅行プランのどこに行っても近くにラッキーピエロはあると思いますよ‼

その中でも今回はTuneから一番近い戸倉店について紹介させていただきます‼

 

**********************

ラッキーピエロ戸倉店

北海道函館市戸倉町30−1

Open 10:00-12:30(土曜日のみ25:30まで)

http://luckypierrot.jp/shop/tokura/

**********************

Tuneからはバスで10分ほど!Tune目の前にあります市民会館・アリーナ前から戸倉中学校下までバスに乗っていただくことになります。

また、駐車場も完備されています!ラッキーピエロは駐車場が完備されているところが多いのがいいですね。

 

外観はこちら。ラッキーピエロは外観がすごいおしゃれなんです。写真スポットも沢山あるので函館行ってきたでーーー!ってな写真が撮れるかも!

 

中もかわいいーーー!店内は広々76席。喫煙席もございますよ。

ラッキーピエロは各店舗にサブタイトルのようなものがあるんですが戸倉店はハンバーガー歴史館となっております。店内にはハンバーガーショップのポスターや本が展示されてます!

ちなみに自分のよく行く港北大前店はプレスリーが青春だったとなっており店内あちらこちらにプレスリーがいます!

 

ラッキーピエロはハンバーガーだけでなくたくさんメニューがあり、また、店舗によってもあるメニューが異なります。

戸倉店ではハンバーガー、カレーライス、オムライス、ハンバーグステーキ、とんかつ、ピザ、焼きそばが食べられます!これ結構豊富な方でレアですよー!

ミートスパゲッティ、らーめん・餃子、生ビールを召し上がりたいって方は他の店舗にぜひ行ってみてください!

 

 

おすすめは何といってもチャイニーズチキンバーガー!通称チャイチキバーガー!

350円でおなか一杯になれるボリューミーな一品です。めっちゃ大きいです。食いきれないかもです。

チャイチキは甘辛いタレのかかったから揚げと思っていただければいいと思います!

ラッキーピエロといえばチャイチキで他にもご飯とチャイチキでチャイチキ弁当、焼きそばとチャイチキなど色々あります。

 

また、ラッキーピエロはよく感謝祭などと謳って安くなります!三日間限定ハンバーガー30%オフとか!期間中には店内にチラシが掲示されているので要チェックです。

 

今回は函館の王道ラッキーピエロについて紹介させてもらいました!函館にたくさん存在し、マクドナルドなどが函館では戦えないとまで言われている地元民にも愛されているハンバーガーショップです!店舗ごとの魅力を探しに行ったり、どのメニューが一番好きか探したり楽しみ方無限大のラッキーピエロは函館にお越しの際にはぜひ行ってほしいお店です!!

 

TuneHakodate

よしま

気軽に温泉を楽しむ”函館足湯巡り”

こんばんは!

函館のゲストハウスTuneHakodateのよしまです!

 

函館って温泉に入ることのできる施設が100を超える温泉の街なんです。

TuneHakodateがあります湯の川も温泉街として有名で、周りにはたくさんの温泉宿が存在します。

 

そんな温泉を気軽に楽しんでもらうことのできる足湯について今回は紹介したいと思います。

足を温めるだけで体中がぽかぽかとしてくる足湯は最高ですねーー!

タオルの持参はお忘れなく!

 

では一つ目!

**********************

湯の川温泉足湯「湯巡り舞台」

函館市湯川町1-16-5

Open 9:00-21:00

定休日無し

料金無料

駐車場有

**********************

Tuneから徒歩二分の所にあります!駐車場有とのことですが隣のパチンコ屋さんにとめていいそうです。

ここは湯の川温泉街の中心、交差点の角に位置しております!

日中は多くの観光客の人々で賑わっており、つめて入らないといけないなんてのもあります!観光客と仲良くなっちゃういつもいるおじちゃんもいい味を出してくれます。

温泉が流れだしてる付近は自分には少し熱すぎてしまうんですが、少し離れて適温を見つけるんです。

 

二つ目は!

**********************

函館市熱帯植物園足湯

函館市湯川町3-1-15

Open 9:30-18:00(4-10月)、9:30-16:30(11-3月)

定休日 12月29日-1月1日

入園料 一般300円、小中学生100円

駐車場有(無料)

**********************

こちら前に書いた熱帯植物園内にある足湯です!Tuneからは徒歩15分ほど。

サルと同じ源泉を用いた足湯になってます!

入り口ではタオルを100円で販売しておりますのでタオル忘れたって方もふらっと入れますよ!

サルを見て冷えた体を温めるには最高です。サルと同じ気持ちになってください!

 

三つ目は!

**********************

足湯広場

函館市豊川町12-10 函館ベイ美食倶楽部内

Open 11:00-17:00

期間中無休(11月-4月末休業)

料金無料

駐車場有(函館ベイ美食倶楽部駐車場)

**********************

こちら函館ベイ美食倶楽部内にある足湯です!船の形をした足湯が印象的です!tuneからは市電かバスでのアクセスが便利です。

冬季休業があり、現在は空いていないのでご注意ください!

ベイエリア周辺って観光地としてすごい面白くて歩き回ってしまうんです。そんな疲れを癒すのに最適。ベイエリア、元町から歩いて函館駅に向かう途中にありますので寄ってから帰るなんてのもありかも。

 

最後は!

**********************

しかべ間歇泉公園

北海道茅部郡鹿部町字鹿部18-1

Open 8:30-18:00(4月-9月)、9:00-17:00(10月-3月)

定休日 10月-3月第4月曜日、12月31日-1月5日

入園料 大人300円、小中学生200円

駐車場有(無料)

http://www.town.shikabe.lg.jp/hotnews/detail/00001756.html

**********************

少し函館の町からは離れているところに位置します。車で行くのにおすすめですね。タオルの無料貸し出しもしています!

こちらの公園は間歇泉と呼ばれる温泉が吹き上げる様子を間近に見ることのできる珍しい観光スポットです!その温泉を温度調節して流しているのがこの足湯。約10分に一回吹きあがる温泉を次まで見よう次までって言っているうちに入りすぎてしまうなんてことも!

 

以上函館付近の足湯でした!

足湯って入ってる間に仲間との会話がはずんだり、お隣の知らない人と仲良くなっちゃうなんていったコミュニケーションも楽しめるいい空間ですよね!ぜひ函館の足湯でゆっくりとお休みください。

”熱帯植物園”で温泉に浸かってる猿が見れる!?

こんばんは!

函館のゲストハウスTuneHakodateのよしまです。

 

ずっとグルメの記事が続いていたので観光スポットについて書きたいと思います!

今回紹介するのは冬の湯の川でぜひ行ってほしい観光スポットです!

 

**********************

函館熱帯植物園

北海道函館市湯川町3丁目1-15

Open  4月-10月:9:30-18:00

11月-3月:9:30-16:30

休園日 12/29-1/1

入園料 小学生、中学生 100円

一般 300円

http://www.hako-eco.com/index.html

**********************

函館市内の学校に在学,または函館市内在住で市外の学校に在学する生徒・児童は無料だそうです!

また無料の駐車場も完備されています!

 

Tuneからは徒歩15分!道中には海も眺められて気持ちがいいですよ!

 

さて、なんで冬の湯の川で熱帯植物園?熱帯植物園で温まるの?理由はこれです。

 

サルが温泉に入る姿が見られんです!日本でも五か所ほどでしか見ることのできない光景が!

サルものぼせるんですよ。笑

かわいい。

12月から5月のゴールデンウィークまでの限定です!1袋100円で餌を買うことができ、手をたたいてほしがっているサルや、餌を取り合うサルなど様々な表情が見ることができます。

夏場には水が張っているんですがサルは水が苦手で入らないそうなんです。ただ、北海道の冬の寒さにはサルも温泉に入るしかないんですね。

熱帯植物園は南国の雰囲気が北海道に現れる不思議な空間です。日本でバナナなどの熱帯の植物が見られるなんて沖縄ぐらいですからね。

冬のサルが有名ですが夏場には蛍が見られたり、外には水の広場で子供たちは大はしゃぎできますよ!

 

今日は湯の川にある熱帯植物園を紹介しました!

日本でも珍しい観光スポットにぜひお越しください!

 

TuneHakodate

よしま